自分の価値を認める

今年も思考のクリアリングを毎日していましたが、その中でも大きかった学びがこれです。
自己価値については何度もクリアリングをしたことがありますが、今年また出てきました。

無意識のうちにやってしまうんですよね。
自分がしたことに対して、他人がどういう反応をしているのかを確かめたくなる。
それで反応が良いか悪いかで一喜一憂する。
良ければ喜ぶし、悪ければがっかりしつつ、さらに改善しようとする。

ここまでは特に悪いことないと思いますが、
問題は、他人の反応によって自信が揺れ動くことです。
他人はそれぞれ独自の思考パターンや常識、考え方を持っているわけですから、
それぞれ違う反応をして当たり前なわけです。
全員に良い反応をされることなんて有り得ないですね。
しかし、たまたま最初に会った人の反応が悪いと、それで自分を否定し、自信を無くしてしまう。
これは良くないですね。

もっと問題になるのが、反応が何も得られない時です。
他人の反応がないと良いか悪いかが判断つかなくなり、
自分のやったことの評価ができず、不安になります。
それは不確定の未来への恐れを刺激し、さらにどんどん不安になり、
自信を失い、ネガティブな思考になっていきます。
ネガティブな思考になると、何事もうまくいきません。

では、どうしたら良いか?

まず、みんなに好かれようとか、みんなに良い反応をもらおうと思わないことです。
他人がどう思うか、どう反応するかということをコントロールできないわけですから、そこに一喜一憂するのはやめましょう。

次に、他人の評価に関わらず、自分の価値を認めることです。
自分が何をやったか、どんな良いことをしたか、どんな価値があるかなど、
自分が一番良くわかっているはずです。
他人にとやかく言われる必要はないわけですね。
他人の反応や意見はもちろん参考として聞いて、
それを改善したければ何らかのアクションをとりますが、
それと自分の価値とは無関係です。

こういう考え方をするためには、普段から自分の価値を認める習慣が役に立ちます。
何か価値のあるものを作り出したとか、
他人への親切な行動ができたとか、
昨日よりも何か進歩したとか、
何でも良いです。

誰かにほめられたり、良い言葉をかけてもらったりしなくとも、
自分で価値を認められるようになると、
自信がどんどん高まってきます。

自信が高まれば、自然と良い結果が生まれてきます。

関連記事

コメントは利用できません。

今後のイベント

現在予定されているイベントはありません。

ページ上部へ戻る